変化の分岐点

人の身体を触る場面でよく思うことがありました。

一生懸命に求める人に対して知識と技術を駆使してやるのだけど、全然変わらない人もいました。

「試しにやってあげて」と他人に頼まれ気乗りせず適当にやったのに、「すごい、治りました!」と言う人もいました。

 

考えるのは、「人を変えるのは何か」という部分ですね。

 

本人とは違うものを外側から足しても、これは何も変わらない。私自身も色々とよく経験しました。

 

 

健康でも人生でも、変化や向上をしていこうという原動力は、

自分の中にその力や審美眼があります。

 

そこに気付かず他者から貰うことを求めるのは、自らの力を衰えさせて依存心を強める事にしかなりません。

 

 

共に成長する人と人との関係は、感応と共感だと思います。

日々の中に様々なヒントや呼び水は、至る所に存在しています。

 

病気のままか 治るのか

現状維持か 目標に向かっていくか

 

私も氣功や占いでヒントはたくさん提示しますが、

最後に選択するのは自分自身の心の在り方です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

紫微風水

次の記事

問題について思う事